<進化の過程は、「生き残り大作戦」の連続>

色々な動物たちは、

捕食する/捕食される側でも恐怖に襲われながらも

必死で、全力で、安全を求めて生きてきた。

卵を産んで子孫を残す動物から

胎児そして出産をする哺乳類になると

授乳や育児、そして群れをなして生活をする。

きっとそのために、

色々体内の頭蓋・脳、神経、神経伝達物質が少しずつ加わり、

変化してきたに違いない。

群れで生活するためには何がどう変わったのか、

例えば、魚のエラは声を出す、聞く、顔面の表情に変わってきて

コミュニケーションの土台が作られてきた。

多重迷走神経理論、神経伝達物質などを織り込みながら、

今生きている私たち自分自身の体や心の動きの観察を

さらにアニマル進化体操で深めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です